投資の基礎

リスクが少ない投資先とは?おすすめ商品紹介!

ローリスクで安心な投資商品は?

リスクの少ない投資の画像
「自分の資産を、投資で増やしたい!」

こう思ったことはありませんか?

最近では、少ない資金でも始められる投資や、NISAなども登場し、投資がより身近に感じられるようになりました。

では、資産運用をするときに注意すべきことは何でしょう?

それは、リスクです。

いくら少ない資金で始めたとしても、全額消えてしまったら悲しいですよね。

それを防ぐために、「いかにリスクの少ない商品を選ぶか」が重要です。

つまり、リスクの少ない商品を知っておく必要があります。

この記事では、投資初心者でも安心の、リスクが少ない商品をご紹介していきます。

少ない危険性を求める理由

まずは、どうして低リスクのものに投資すべきなのかをお話していきます。

これは、投資資金が少ない人にも多い人にも共通して言えることです。

しっかりと覚えておきましょう。

投資に大きなリターンは求めるな!

誰しも、投資を始めるときには「資産が沢山増えてほしい!」と思うでしょう。

資産を増やすために投資をするのですから、これは当然の発想です。

しかし、投資に大きなリターンを求めてはいけません。

リターンにはリスクがつきものだからです。

通常、リターンの大きさはリスクの大きさと比例します。

リターンが少ない時はリスクも少なく、リターンが多ければリスクも大きくなります。

つまり、大きな利益を得られる可能性がある時、それと同じくらい大きな損失を出す可能性もあるのです。

もちろん、リスクを冒して大きなリターンを狙う人もいます。

しかしそれは、ギャンブルとほぼ一緒。
ギャンブルと投資は、まったくの別物です。

「少ないリターンでも、損失を出さない」を目標に、リスクの少ない投資方法を選ぶのが、資産を増やす最短ルートなのです。

リスクの少ない商品の見極め方

実際に投資する商品を選ぶときに、どんなものを選べばよいのでしょう?

「リスクが少ない商品」なんて言われても、簡単にはわかりませんよね。

リスクの少ない運用方法を選ぶときは、次の3つに注目しましょう。

・発行元は信頼できるか?
・少ない資金で始められるか?
・流動性は高いか?

発行元は信頼できるか?

「金融」というのは、とても簡単に言うと、お金の貸し借りです。

あなたが何かに投資することは、つまり、誰かにお金を貸すことになります。

お金を貸すなら、きちんと返してくれる人に貸したいですよね?

国債であれば、発行元は国。
株式や社債であれば、その会社が発行元になります。

貸したお金が返ってこない可能性が高いか低いか、しっかりと見極めましょう。

少ない資金で始められるか?

どんな投資方法にも、リスクは存在します。

どれだけリスクが少ないとしても、1つだけに絞って投資をすると、万が一大暴落したときに一気にお金を失います。

それを防ぐために、いくつかの商品に分けて投資し、全体としてのリスクを軽減させるのです。

資金がたくさんあれば問題はありませんが、個人投資で何千万も用意できる初心者はいないでしょう。

リスク分散が出来るよう、少ない資金でも始められる商品をおすすめします。

流動性が高いか?

「流動性」とは、その商品がどれだけ現金に近いかを表す言葉です。

要は、換金しやすいかどうか、すぐに売買できるかどうか。

流動性が高ければすぐに売ることができるので、値下がりし始めたらすぐに売って損失を抑えることもできます。

流動性が高いほど、リスクも少ない、ということですね。

続いては、投資初心者にも安心の、リスクが少ないおすすめ資産運用法をご紹介します。

リスクが小さいのは?おすすめの運用方法比較

投資初心者におすすめのリスクが少ないものをご紹介します。

国債

メリット
・元本保証があり、ほぼ確実に返済される
・1万円~と低価格で購入可能
・中途解約可能で流動性が高い
・ほうっておいても大丈夫

デメリット
・リターンが少ない(0.05%)
・満期前の売却は元本割れする可能性あり
・募集期間が短め

国が発行する債券である国債は、リスクが少ない堅実な投資先の代表。

近くの銀行で手軽に買え、中途解約もできるので流動性はかなり高いです。

また、ほぼ確実に返済されるので、動かすことのない資産を安全に預けたければ最適な投資先です。

チャートなどを見る必要もないので、買った後はほうったらかしでも問題ありません。

利息は少ないですが、低リスクの投資先として最もおすすめです。

地方債

メリット
・地域支援もかねて投資ができる
・国債に比べ利率が高い
・地方により金利が違い選択肢が多い

デメリット
・自治体の破産リスク
・発行自治体により買う場所が違う

地方債は地方公共団体が発行する債券。

各自治体が借り手なので利率も様々。

地域貢献として地方債を買う人も多いようです。

ただ、少ないながらも自治体が財政破綻する可能性があります。

財政状況が悪いところもありますが、そのような自治体は金利が高いと言われています。

国債同様、魅力的な低リスク資産でしょう。

株式投資

メリット
・銘柄が多く、リスク分散しやすい
・配当金だけでなく優待が得られる銘柄も
・流動性が高く、売買益だけで運用できる

デメリット
・損失が出る可能性
・配当金がもらえないリスク
・倒産するリスク
・こまめに情報収集が必要

「投資」と聞いて、まず株式を思い出す人も多いのではないでしょうか。

株式の特徴と言えば、豊富な銘柄。
東証だけでも3600社以上の株を売買することができます。

株主優待のある企業も増え、ただ配当金や売買益だけを求める投資ではなくなりました。

最近ではミニ株などの少ない額からの投資も登場し、より身近な資産運用方法になっています。

ただし、国や地方に比べ企業は破産するリスクが高く、売買損が出ることもあります。

長期保有目的でも、買ったら買いっぱなしではなく、しっかりと情報を集めることが必要でしょう。

投資信託

メリット
・少ない資金でも購入可能
・投資の専門家が運用してくれる
・分散投資できる

デメリット
・手数料が多い
・元本保証なし
・運用会社の倒産リスク

投資信託は、資産運用会社が小口の資金を集めてひとつの大きな資金として運用する投資方法です。

専門家が運用してくれるので、初心者にも安心。

1万円程度から始められ、プロが分散投資もしてくれるので、比較的リスクは少ない投資方法です。

一方で、投資信託は元本保証がありません。

また、仲介料や成功報酬など、様々なところで手数料がかかります。
(※手数料無料の場合もあります)

この手数料は、資産が増えようが増えまいが徴収されるので、元本割れの可能性もあるのです。

投資信託購入の際には、目論見書などを読んでしっかりとリスクが少ないかどうかを知ることが大切です。

ETF(上場投資信託)

メリット
・リスクを細かく分散できる
・種類が豊富
・指値注文や信用取引可能
・透明性が高い

デメリット
・手数料がかかる
・上場廃止のリスク
・一般的な投資信託よりも高い

ETFは、「投資信託」を株式のように市場で売買できるです。

投資信託によるリターンだけでなく売買益も得ることができ、最近人気が高まっています。

ETFを使えば、普通の投信からさらにリスクが分散され、より少ないリスクで投資することができます。

また、株や為替のように指値注文、信用取引も可能で、リターンは得やすくなっています。

一方で、投信同様に手数料はかかります。
また、保有していた投資信託が上場廃止するリスクは少ないとは言えません。

投資初心者には難しい?ハイリターン商品

ハイリターンの投資の画像
さて、ここまでは、比較的リスクが少ない、初心者向けの投資方法について書いてきました。

続いて、リスクの大きい投資方法についてご紹介します。

ここで紹介するものは、初心者にはリスクが高く、危険といえます。

一方で、多くの投資家から人気のある資産運用方法なので、知識だけでも持っているといいでしょう。

FX

FXは、証拠金というお金をFX業者に担保として預け、通貨を売買します。

FXには、レバレッジと呼ばれるてこの役割を果たすシステムがあり、証拠金の何倍もの額を取引できます。

レバレッジのおかげで少ない資金から巨額の利益を生み出せるので、投資家から人気です。

逆に、一度の取引で大きな損失を出し、借金を負うリスクもあります。

まさにハイリスク・ハイリターン。
すぐに利益を出せる初心者は少ないと言われ、あまりおすすめできません。

しかし、海外FX業者ならば、ゼロカットという借金のリスクがなくなるシステムがあります。

ゼロカットによって、FXもリスクが少ない状態になります。

先物取引

先物取引もハイリスク・ハイリターンで、初心者には利益が得られる確率が少ないとされています。

先物取引は、将来の売買について、現時点で価格や数量を約束する取引です。

メリットとして、価格が変わるリスクはなくなります。

しかし、市場価格と約束時の価格差で損益が生まれます。

FX同様、信用取引ができ、一度に大きな損をする可能性があるので、初心者にはおすすめできません。

FXや先物のような商品は、投資の中でも特にリスクが高いものです。

ただし、FXは特に少ない資金から始められる投資です。

リスク管理が出来るならば、まずは少ない利益を目指してコツコツと挑戦してみるのもよいでしょう。

まとめ 少ない利益でも堅実に

投資初心者向きのリスクが小さい商品がどんなものか、わかっていただけたでしょうか?

投資で最も重要なのは、「損失を出さないこと」。

沢山の利益を求めるよりも、少ない損失で抑えることが最優先です。

利益は少ないとしても、リスク分散が出来るなど、少しでもリスクの小さいものに投資するようにしましょう。

堅実に、リスクの少ない投資をすることで、結果的に利益につながっていきます。

  1. 投資の考え方のアイキャッチ画像

    投資の基礎

    【投資の考え方が分かる!】初心者向け入門サイト
  2. 密かな損失 手数料のアイキャッチ画像

    FXの基礎

    FXのスプレッドとは[初心者が負けるのは手数料が原因]
  3. FXで稼ぎやすい手法のアイキャッチ画像

    FX攻略法

    FXで稼ぐコツ[儲けられる人がやっているトレード手法]
  4. FXのハイレバレッジは危険?のアイキャッチ画像

    FX攻略法

    FXのハイレバレッジは危険?-ハイレバのメリット・デメリット
  5. 損小利大のアイキャッチ画像

    FX攻略法

    負けない投資[勝つ手法より負けを少なくする手法]
PAGE TOP