FX攻略法

FXのハイレバレッジは危険?-ハイレバのメリット・デメリット

ハイレバレッジでFXを行うのにリスクはあるのか

FXのハイレバレッジは危険?の画像
FXで稼ぐために欠かせないのがレバレッジです。

このレバレッジは国内FX業者で最大25倍、海外FX業者最大1000倍というレバレッジを使いトレードを行うことができます。

「ハイレバレッジって危険じゃないの?」

このように思う方もいることでしょう。

このページでは、ハイレバレッジについて解説します。

本当にハイレバレッジが危険なのか・・

最後まで読んでいただければその答えが分かります。

それでは、FXのハイレバレッジトレードのメリットについて説明していきましょう。

FXをハイレバレッジでトレードを行うメリット

FXのハイレバレッジトレードのメリットの説明の前に”レバレッジ”のおさらいをしていきましょう。

■レバレッジ
レバレッジは日本語で”てこ”を意味しています。

てこを使えば力の無い人でも重い物が動かせるように、レバレッジをかければ少ない資金で大金を動かすことができます。

先程も述べましたが、このレバレッジは国内FX業者よりも海外FX業者の方が高く、海外FX業者では最大レバレッジが400倍~1000倍という高さのレバレッジが使えます。

国内FX業者ははレバレッジ規制されているため、最大レバレッジ25倍となっています。

ではこのハイレバレッジのメリットについて説明していきましょう。

必要証拠金が少ない

ハイレバレッジの一番のメリットは、必要証拠金が少なくて済むことです。

例えば、米ドル/円(110円)1万通貨の場合

最大レバレッジ 必要証拠金
25倍 44,000円
400倍 2,750円
800倍 1,375円
1000倍 1,100円

国内FX業者の最大レバレッジ25倍では、1万通貨の取引の必要証拠金は約4万円もかかってしまいます。

一方で海外FX業者の最大レバレッジ1000倍では、1万通貨の取引の必要証拠金は1,100円しかかかりません。

つまり、たった1,000円で100万円の大金を動かすことができるということです。

ハイレバは一攫千金のチャンス

国内FX業者は最大レバレッジ25倍、海外FX業者は最大レバレッジ1000倍、このレバレッジの差は利益が国内FX業者の40倍ということになります。

ハイレバレッジトレードは、数回トレードするだけで億り人になることができます。

国内FXのレバレッジ規制前には、FXで億り人になる人が多数いました。

10万円の資金でFXでハイレバレッジトレードを行い、3か月という短い期間で6億円もの利益を出した億り人もいます。

少ない元手で一攫千金を狙いたいならハイレバレッジトレードをすべきだと言うことです。

ハイレバトレードの危険性

ここからハイレバレッジトレードのリスクやデメリットについて説明していきます。

確かにハイレバレッジトレードは一攫千金を狙えるチャンスがあるという魅力があるのですが、巷では「ハイレバレッジ=危険」というイメージが定着しているようです。

では、ハイレバレッジの何が危険なのかみていきましょう。

レバレッジ倍率自体は損益に影響無し

そもそもレバレッジは”証拠金倍率”を指しています。必要証拠金を決める係数というだけで損益に影響を与えるものではありません。

例を挙げてみましょう。

■米ドル/円(100円) 10万通貨の場合

レバレッジ:25倍  → 必要証拠金:40万円
99円に下落 → 損失は1円×10万通貨 → 10万円

レバレッジ:1000倍 → 必要証拠金:1万円
99円に下落 → 損失は1円×10万通貨 → 10万円

このようにレバレッジの倍率に差があろうとも、損益自体に一切影響が無いということになります。

危険と言われる理由

結論から言うと、ハイレバレッジ=危険は誤解。

正しい表現としては、使用方法によっては危険というものです。

少し前にも説明しましたが

■米ドル/円(110円) 1万通貨 元手10万円だったとき
レバレッジ:25倍  → 必要証拠金:44,000円
レバレッジ:1000倍 → 必要証拠金:1,100円

1ロット持つのに、約4万円もの差が出ています。この状態だけではまだ危険ではありません。

レバレッジ25倍の場合、最大で保有できるのは2ロット(証拠金:8万円)となります。

レバレッジ1000倍で証拠金:8万円分のロットを保有する場合、80ロット(80万通貨)を保有することになります。

微量の逆行だけで強制ロスカットです。ハイレバレッジが危険と言われる理由はここにあります。

ハイレバレッジというのは必要証拠金が少なくて済みますが、ロットを持ちすぎると上記のようなことになりますので注意が必要です。

レバレッジよりポジション量に注意が必要

ここまでハイレバレッジのメリットや危険性について話をしてきました。

レバレッジは、使用方法に注意が必要というのは理解していただけたかと思います。

ごく一部のFXトレーダーが”ポジション量の管理と資金管理ができない”からハイレバレッジ=危険と言われるようになっています。

大切なのは、自身の資金に対してどれだけのポジションを保有しているかが判断できない人、つまり

”ギャンブルのようにFXをやってしまう人”は、ハイレバレッジトレードはおすすめできません。

ポジション管理が必要

ハイレバレッジトレードを行うなら、ポジション量をしっかり管理する必要があります。

先の章で例を挙げたとおり、自身の資金の許容量を超えるほどの取引量を増やしてしまうとわずか数pips動きがあっただけで、全ての資金が0になる可能性があるということ。

ハイレバレッジだけで一攫千金を狙うのではなく、適切なポジション取りというのが重要になっています。

例を挙げるとレバレッジ:1000倍 米ドル/円(100円) 資金:10万円の場合、100万通貨のポジションが持てます。

1pipsの変動で1万円、10pipsの変動で10万円の増減が発生することになります。

このように全資金分のポジション保有を行うと、あっという間に資金が無くなります。

ある程度、FXでトレードを行ったことのある方はこの無謀なトレードは絶対に行わないでしょう。

ハイレバレッジトレードは、諸刃の剣のようなもの。

使い方を間違えれば、資金を全損する脅威となり得るということです。

適切なポジション量を保有するように、トレードルールを設けていくと良いでしょう。

億り人になるには海外業者でハイレバトレード

海外FX一択
FXでハイレバレッジトレードを行っていて、心配なのが追証ですね。

追証とは、”追加証拠金”のことでFXには最低維持証拠金と言うものが定められています。

この最低維持証拠金を下回るとロスカットが発生、さらに急激な変化でロスカットが間に合わずFX口座がマイナス残高になることもあります。

そう、借金ですね。

特に国内FX業者の場合、借金のリスクがありますが、海外FX業者はゼロカットシステムというシステムを採用しているため借金のリスクがありません。

ゼロカットでリスクゼロ

急激な為替相場の変動などでFX口座がマイナスになってしまった場合、決められた期日までに支払いが必要です。

この追証は、法律的にはカードローン借金と同じ扱いとなります。

FXで借金を負ってしまったFXトレーダーなどはこの追証によって、借金生まれてしまうというケースがほとんどです。

しかし、これは国内FX業者に限った話で海外FX業者では起こりえません。

海外FX業者のほとんどがゼロカットという”証拠金以上の損失をすべて0にしてくれる”システムがあるからです。

ハイレバレッジトレード且つ、借金のリスクを0にしてFXを行いたい場合は海外FX業者一択です。

FXで億り人になる=海外FX業者でハイレバレッジトレードしかありません。

  1. FXのハイレバレッジは危険?のアイキャッチ画像

    FX攻略法

    FXのハイレバレッジは危険?-ハイレバのメリット・デメリット
  2. FXをやめるアイキャッチ画像

    投資の基礎

    FXをやめるべきかどうかを判断する5つの基準とは?
  3. FXを始めるのアイキャッチ画像

    FXの基礎

    FXは失敗しない投資「初心者が始めるためにやること」
  4. 海外FX業者の良さのアイキャッチ画像

    FXの基礎

    FX海外口座徹底解説-口座開設ボーナスもゲットしよう!
  5. 損小利大のアイキャッチ画像

    FX攻略法

    負けない投資[勝つ手法より負けを少なくする手法]
PAGE TOP