税金について

億り人が破産する[仮想通貨から学ぶ税金について]

破産した億り人から学ぶ税金

税金についての画像

さて、少し前の話ですが「億り人」という言葉が流行ったのは記憶にございますか。

仮想通貨で文字通り”億”を稼いだ方々の総称ですね。

しかし、その後もう一つの話題がでてきました。税金についてです。

仮想通貨で億を稼いだ方々が、税金が払えず破産してしまう。ということが起こったのは有名な話です。

しかし、これは仮想通貨に限られた話ではありません。

なぜなら、仮想通貨やFXなど投資で利益を得た場合、必ず税金を支払わなければならないからです。

FXで利益を出していくなら、必ずチェックしておかなければならないのが税金です。

失敗から学ぶではないですが、改めて税金について正しい認識を持つことが重要になってきます。

まず、仮想通貨で起きた過去の出来事を振り返りながら話をしていきましょう。

億り人の破産から学ぶ[税金とは]

仮想通貨で億り人になった方々は、ビットコインという仮想通貨で億り人になりました。

このビットコイン(BTC)が、2017年後半に1BTC=220万円台まで上昇。

その後、2018年1月ごろには1BTC=100万円割れまで大幅下落。

このように一時的に稼いだもののその後、大きく下落した値動きから「税金を払えない人がいるのではないか」という心配の声も上がっていました。

ではこの仮想通貨(ビットコイン)など投資で億を稼いだ方々にはいくらの税金がかかるのか話をしていきます。

FXやビットコインの利益額で変わる課税

そもそも、仮想通貨や海外FXで得た利益は「雑所得」というものに分類されます。

簡単に言うと、給与以外で稼いだお金にかかる税金というようなイメージです。

そして、この所得額に応じて税率が違うので注意が必要です。

特に4,000万円を超える場合、税率は45%。さらに住民税で+10%となります。

控除額を差し引いても、約2,200万円の税金を納めなければなりません。

ここで1つ気を付けていただきたいのが、国内FXの場合は異なります。

国内FXでの利益は、申告分離課税となり税率は一律20.315%となります。国内FXの方が把握しやすくなっており、4,000万円以上の利益の場合は国内FXの方がかかる税金が少なくて済みます。

ニュースから学ぶ税金

一部で取り上げられているのが、サラリーマンの方が仮想通貨で億り人になり浮かれて豪遊しまくり、税金が納められない可能性が出てきて親族に頭を下げなんとか税金を支払った。

というケースもあるようです。

本当かどうかは不明ですが、もし本当なら投資家として同じ括りにされたくないですね。

仮想通貨はもちろんFX等の投資を行う上で税金も管理すべき基本的なこと。しかし、一部でできない億り人がいるようです。

「資金」と「納税資金」を管理するもの投資家としてとても重要なことです。

投資で得た利益には税金がかかる[課税金額について]

先にも述べましたが、利益には税金がかかります。

日本に在住しているのなら、税金は付き物と考えた方が良いでしょう。

しかし、一部の億り人に起きた税金が払えなくて破産というのは、未然に防ぐことはできたと思います。

そうならないために、前準備が必要ということです。

事前にチェックすべき情報

先にも少し述べましたが、海外FXと仮想通貨の税金は総合課税(雑所得)の分類となります。

つまり、所得金額別の税率の一覧は下記になります。

課税所得金額 税率
195万円以下 5%
330万円以下 10%
695万円以下 20%
900万円以下 23%
1,800万円以下 33%
4,000万円以下 40%
4,000万円越え 45%

もし、今まで知らなかったという方がいればこの機会に把握しておく必要があります。

ちなみに確定申告については

会社に勤務している給与所得者の場合で、海外FXや仮想通貨で20万円を超える利益がある方は確定申告が必要となります。

また、会社に勤務していない方の場合、海外FXや仮想通貨で38万円を超える利益のある方は確定申告が必要となります。

こういった情報も事前チェックして脱税扱いされないように気を付けましょう。

利益確定しなければ課税されない

利確=課税対象の画像

ここまでで、FXや仮想通貨での利益の税金について話をしていきました。

しかし、FXや仮想通貨もどのタイミングで課税対象になるのかもチェックしておく必要があります。

含み益は課税対象外

FXや仮想通貨では利益を確定していない状態、含み益は課税対象にはなりません。

利確していない状態ではまだ、あなたの手元にお金があるわけではないですよね。

課税対象となるのは、実際に手にしたお金が対象となります。

利確さえしなければ税金を支払う義務は無いということです。実はこの含み益の状態を利用してその年にかかる税金をずらして調整しているトレーダーや投資家もいるようですね。

この課税対象となるタイミングについては、年頭に置いておきましょう。

課税対象となるタイミングや金額を把握しておけば、必然的に「納税資金」についても考慮して資金管理を行えば、億り人になっても破産することは免れるということです。

このように、あなたの資金に関わる利益(収入)・損失(支出)をしっかりと管理しておけば破産という最悪の事態にはなりません。

投資の基本は、資金(お金)を管理することから始まります。

税金については、知らなかったでは済まされないのでしっかり管理しましょう。

投資で得た利益にかかる税金[高額の利益はリスク]

ここまでで、億り人が税金で破産しないため方法について説明してきました。

これは、仮想通貨だけに限らずFXでも同じことが言えます。さらに、単発で高額の利益を得た投資初心者によくあるケースです。

しかし、投資に慣れている方でも一歩間違えれば地獄になります。

例として挙げると、10憶あった資産が2億の借金になってしまったり、投資というのは資金管理を厳かにしていればかなりの痛手になるものです。

これは、厳かにしていれば起こる一例であり全ての人に起こるわけではありません。

後先考えず目先の利益だけを求めればこうなるということ。投資家としてFXトレーダーとして、まずは税金についてしっかり把握しておきましょう。

  1. FXをやめるアイキャッチ画像

    投資の基礎

    FXをやめるべきかどうかを判断する5つの基準とは?
  2. 負け組トレーダーのアイキャッチ画像

    FX攻略法

    負け組FXトレーダーにならない方法-勝てるトレーダーとの違い
  3. 損小利大のアイキャッチ画像

    FX攻略法

    負けない投資[勝つ手法より負けを少なくする手法]
  4. 税金についてのアイキャッチ画像

    税金について

    億り人が破産する[仮想通貨から学ぶ税金について]
  5. FXで稼ぎやすい手法のアイキャッチ画像

    FX攻略法

    FXで稼ぐコツ[儲けられる人がやっているトレード手法]
PAGE TOP